閉経

閉経前の女性の心と体とは?

閉経前の女性を襲うホットフラッシュとは?

閉経前の女性の心と体には、どのような症状や変化が起こるのでしょうか。

 

閉経をはさんで前後5年間程度、通算して10年間ほどはいわゆる更年期にあたり、更年期障害と呼ばれるさまざまな症状がひじょうに高い確率で引き起こされます。更年期障害の特徴を一言であらわすと、自律神経失調症によく似た症状ということになります。

 

まず閉経前の症状でもっとも多く訴えられるものとしては、ホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせがあります。ホットフラッシュは実に75%以上もの女性が、程度の差こそあれ経験するとされています。ホットフラッシュは、事前に察知したり、あるいは発症した時点で自分でコントロールすることはできないため、ひじょうに厄介なものです。

 

ホットフラッシュの現れ方には個人差がひじょうにあり、ごく軽度のものが数分といった短時間だけ怒る人から、ひどい場合では数分おきにひじょうに強いホットフラッシュが何度も繰り返し起こることもあります。またほてりやのぼせとともに発汗の量もおびただしい場合があり、仕事をしている女性にとってはしばしばスケジュールなどを見直す必要に迫られることさえあります。

 

この他、閉経前に起こる心と体の症状としては、イライラ、抑うつ感、刺激に対する過敏な反応、不安感や神経質、不眠、頭痛、肩こり、集中力の低下、いちじるしい疲労感などがあります。しばしばこうした症状は、複数個が同時に起こる場合もあり、不定愁訴としてとらえられることもあります。

 

閉経前の、このような女性の心と体の症状の原因は、女性ホルモンの分泌の急速な減少やそれによるバランスの崩れなどが考えられます。特にエストロゲンやプロゲステロンの分泌量の変化による影響は大きく、時としてあまりの強い症状に、仕事はおろか寝起きさえもままならない日々が続くこともあります。

更年期対策に注目を集める大豆イソフラボン配合サプリとは?

 

スポンサードリンク

 

閉経前の諸症状の緩和

閉経前のこうした更年期障害は、最近では英語の頭文字をとってPMSとも呼ばれています。日本では現在、約2000万人の更年期にあたる女性がおり、そのうちおおむね2〜3割程度の人が病院などで更年期障害として診断、治療を受けています。

 

実は更年期障害は女性のみならず、男性の場合も起こります。しかし女性の場合のように、急激なホルモンバランスの乱れが起こることは比較的少ないため、多くの男性は「年のせい」でかたづけてしまうことが多くなっています。しかし男性の場合でも個人差が大きく、人によっては疲労感、関節痛、耳鳴りなどの体の症状や、心身症のような症状のために仕事などに支障を生じることもあります。

 

こうした閉経前の症状の緩和策として、世界中で広く行われている療法にHRTと呼ばれるホルモン補充療法があります。HRTは、女性の場合であればエストロゲンアドの女性ホルモンを、経口で、あるいは塗布したり、パッチなどの張り薬として補充する方法です。HRTはひじょうに有効性が高く、オーストラリアでは患者の65%以上に、またアメリカやヨーロッパなどの諸国でも軒並み40%以上も利用されているにもかかわらず、日本ではわずか1.5%程度と、桁違いの少ない適用にとどまっています。これにはHRTには乳がんの発生率に影響があるとする報告などに対する、過剰な反応も影響しているとされています。

更年期対策で使ってみたいサプリメントベスト3

キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

初めての更年期対策に人気No.1!更年期に必要なものが全て入った大豆イソフラボンサプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる


エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸


婦人科医師監修、エクオール配合の新しい更年期サプリ!既存のサプリが合わないという方に
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる


山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリー

山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリー

3年連続売上N0.1!更年期の疲れ・だるさに2倍の吸収力を実現した大人気ローヤルゼリー
100粒1か月分6,800円・税別

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる