閉経

更年期うつと閉経にはどのような関係がある?

女性は男性よりもうつになりやすい?

統計によると20代くらいの比較的若い世代でも、女性は男性の2〜3倍程度うつになりやすいとされています。これには女性特有のホルモンバランスの不安定さが、原因と密接に結びついているとされています。

 

女性は毎月の生理のたびにホルモンの状態が急変します。また妊娠や出産などの場合には、ひじょうに大きなホルモンの変動があります。男性ではこういったことはありません。しかも女性ホルモンが乱れると、体調なども大きく影響を受けます。小刻みに変化する体調に、体や脳がついていけなくなることで、うつ病を発症しやすくなると考えられているのです。

 

また45〜55歳くらいの更年期の女性の場合には、さらに大きなホルモンの変化が起きます。しかも今度は元に戻ることは無く、一方的に女性ホルモンであるエストロゲンなどの分泌が減少してしまうのです。ホルモンの変化は体調の変化を、また体調の急激な変化や環境の変化は、更年期うつの発症の直接の原因となります。

更年期対策に注目を集める大豆イソフラボン配合サプリとは?

 

スポンサードリンク

 

更年期うつの改善方法とは?

閉経に伴うホルモンバランスの急激な乱れによって、多くの女性が更年期うつを罹患しますが、日々の生活を見直すことによって、更年期うつのリスクを下げる、あるいはすでに陥ってしまったうつの状態から抜け出しやすくなるヒントが得られます。

 

まず生活習慣の見直しは、最も重要な課題です。特に食事、運動、睡眠はどれが欠けてもうつの発症率を大きく引き上げます。更年期のさまざまな症状の中には不眠も含まれます。また眠ったつもりでも、睡眠の質が悪いため、日中に眠くなったり、精神的に手中しづらくなってしまいます。更年期障害が原因で不眠の症状が続いている場合には、迷わず医師に相談しましょう。

 

またホルモンバランスの乱れによって、体の調子を崩し、ストレスが多くなります。こうしたストレスもやはりうつと直結する原因となります。日ごろのストレスを解消するためには、何か趣味を持って、それに没頭したり、旅行などで気分転換したり、あるいは友人たちとおしゃべりしたり、カラオケで思い切り歌うなどの方法も有効です。

 

更年期うつの治療では、軽い場合を除いては、医師の処方による抗不安剤や抗うつ剤などを服用することで、かなり状態が改善される場合があります。更年期に差し掛かってイライラする、抑うつ感が取れない、不安を感じるなどといった精神的なアンバランスを感じた場合には、婦人科や心療内科などを受診するようにしましょう。

更年期対策で使ってみたいサプリメントベスト3

キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

初めての更年期対策に人気No.1!更年期に必要なものが全て入った大豆イソフラボンサプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる


エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸


婦人科医師監修、エクオール配合の新しい更年期サプリ!既存のサプリが合わないという方に
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる


山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリー

山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリー

3年連続売上N0.1!更年期の疲れ・だるさに2倍の吸収力を実現した大人気ローヤルゼリー
100粒1か月分6,800円・税別

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる