閉経

高脂血症と閉経の関係とは?

閉経が原因で脂質の量が増える?

血管の中にはコレステロールや中性脂肪などが、血液中に溶け込んで流れています。これらのコレステロールや中性脂肪などは、体を支える上でなくてはならないものなのですが、一定量を増えると高脂血症となり、心筋梗塞や狭心症など、さまざまな重篤な病気の引き金になってしまいます。

 

若い世代では女性は男性よりも、体に含まれている総コレステロールの量は少なくなっています。しかし閉経を境にして、これが逆転します。閉経後の女性に、急速に高脂血症の人が増えるのです。

 

ちなみに高脂血症という言葉は、2007年の日本動脈硬化学会が示したガイドラインによって、「脂質異状症」と呼称が変更されています。この理由としては、すでにご存知のように、コレステロールには善玉と悪玉の2種類があり、善玉の方が圧倒的に多く存在するときでも、高脂血症としてひとくくりの病気として扱うことは、誤解を招くということがあげられています。

 

閉経をむかえた女性の体では女性ホルモンであるエストロゲンなどの分泌が、急速に低下してきます。このことによりホルモンバランスが崩れると、コレステロールや中性脂肪などが増えてしまうようになります。統計から見ても50代くらいから男性よりも女性の方が、高脂血症の人が多くなっています。これは50代では20代の頃の2倍以上に増えるというのですから、決して人事ではありません。

更年期対策に注目を集める大豆イソフラボン配合サプリとは?

 

スポンサードリンク

 

高脂血症で血管が破れる?

閉経後の女性は、ホルモンバランスが悪くなり、不安定となります。その結果コレステロールや中性脂肪の量が、急速に増えてしまいます。女性ホルモンであるエストロゲンには悪玉コレステロールであるLDLをおさえて、善玉コレステロールであるHDLを増やすという重要な働きがあります。閉経をむかえることで、これが機能しなくなり、脂質が急速に増えてしまうのです。

 

高脂血症で血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪の量が増えると、血管はもろくなり、また血管の内壁に脂質がこびりつき、最悪の場合には血管が詰まってしまって、組織が壊疽をおこしたり、血管が破れてしまうことさえあります。

 

閉経後の女性はこうしたことをよく理解したうえで、食事や生活習慣などを見直す必要があります。一説では50代以上の女性の2人に1人は、程度の差こそあれ、高脂血症にかかっているといわれているほどです。

 

高脂血症は受診して、投薬などでも改善することは可能ですが、まずは食事と適度な運動など、生活習慣を見直すことから始めるというのがよいでしょう。

更年期対策で使ってみたいサプリメントベスト3

キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

初めての更年期対策に人気No.1!更年期に必要なものが全て入った大豆イソフラボンサプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる


エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸


婦人科医師監修、エクオール配合の新しい更年期サプリ!既存のサプリが合わないという方に
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる


山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリー

山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリー

3年連続売上N0.1!更年期の疲れ・だるさに2倍の吸収力を実現した大人気ローヤルゼリー
100粒1か月分6,800円・税別

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる