閉経

萎縮性膣炎とは?

萎縮性膣炎は悪玉菌が原因?

萎縮性膣炎は老人性膣炎と呼ばれることがあります。これは膣炎を発症する患者の多くが、閉経後の高齢の女性であることが原因です。しかし実際には40代で閉経をむかえた女性などでも、発症するリスクは高くなります。

 

女性の健全な膣の内部には、自浄作用があります。これは常在菌として住み着いている乳酸菌の働きで、膣の内部に酸を発生していることによります。しかし閉経後の女性の場合には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下することによって、出血が持続して起きたり、また性行為によって膣の内膜が傷つき、免疫力が低下してしまうことがあります。こうなると一般的な細菌が引き起こす膣炎や、ヘルペス、トリコモナス、クラミジア、真菌、淋菌などの性感染症に由来する膣炎が引き起こされやすくなります。

 

こうして膣内部の環境が劣化すると、乳酸菌は著しく減少し、他の微生物が繁殖しやすくなってしまいます。膣壁は閉経後の女性でも、それ以前に比較して約3分の2程度の厚みはあるものなのですが、閉経後の女性ホルモンの急激な低下により、これよりもはるかに膣膜が薄くなってしまうことがあります。膣壁を構成しているコラーゲンなどの量が極端に減ってしまっているのです。また意外に聞こえるかもしれませんが、女性の体内にある男性ホルモンの減少によっても、こうした症状は萎縮性膣炎は悪化します。

更年期対策に注目を集める大豆イソフラボン配合サプリとは?

 

スポンサードリンク

 

萎縮性膣炎の症状は?

萎縮性膣炎の症状としては、膣内部の壁が微生物によって侵されるため赤く充血します。また膣内壁の弾力性は失われ、ひだも少なくなってしまいます。

 

また萎縮性膣炎を発症すると、黄色もしくは赤色の分泌物が排出されることが多くなり、悪臭も伴うようになります。一方で自覚症状としては、灼熱感や疼痛などを感じることが多くなります。またさらに萎縮性膣炎が進行すると、膣の入り口付近が乾燥して、かゆみを感じたり、性交時に痛みなどを伴うことが多くなったりします。

 

ただしこうした萎縮性膣炎の症状には個人差が大きくあり、かなりの苦痛を訴える人もいれば、医師に指摘されるまで自分では気づかない人もいます。

 

萎縮性膣炎の治療方法としてはHRTと呼ばれるホルモン補充療法が行われるのが、最も一般的です。HRT療法ではエストロゲンとプロゲステロンの両方を用いますが、何らかの原因で子宮の切除手術を受けている女性の場合には、プロゲステロンの使用は行わず、エストロゲンのみが使用されます。これはエストロゲンのみの投与の場合には、子宮内膜ガンの発生率が高くなることが原因で、子宮がない場合には、子宮内膜ガンにかかる恐れが無いため、プロゲステロンは使用されません。

更年期対策で使ってみたいサプリメントベスト3

キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

初めての更年期対策に人気No.1!更年期に必要なものが全て入った大豆イソフラボンサプリ
5460円→2730円税込(定期コース初回価格)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる


エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸


婦人科医師監修、エクオール配合の新しい更年期サプリ!既存のサプリが合わないという方に
6480円税込→5832円税込(ラクラク毎月便)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる


山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリー

山田養蜂場 酵素分解ローヤルゼリー

3年連続売上N0.1!更年期の疲れ・だるさに2倍の吸収力を実現した大人気ローヤルゼリー
100粒1か月分6,800円・税別

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる